検索

伊豆のアンモナイト博物館に研修に行ってきました。

 今年のGWに「本物の恐竜時代の化石・鉱石を発掘体験」という新コンテンツを実施したのですが、おかげさまでどこの会場も想定の2−3時間前、下手すると午前中に終了してしまうくらいの盛況ぶりでした。今回の企画は半年くらいかけてようやく実現したもので、1-2ヶ月程度でテスト運用が可能なデジコン(デジタルコンテンツ)と比較すると、ものづくりから入るコンテンツは本当に時間がかかるなあ、という感じでした。そしてものコンテンツは実際に企画して作ってから現場でやってみるとデジタルほど精度が高くない(そこが良いところなのですが)ので、舵角修正がかなり細かく毎回入るわけです。


 このコンテンツは実際に化石を発掘するプロセスの中で「化石クリーニング」という工程があるのですが、限りなくその工程を実体験できる様に再現したところがポイントで、当社は画像の様に伊豆にあるアンモナイト博物館の吉池館長様によるレクチャーのもと、限りなく同じスキームで体験出来るものになっております。

 アンモナイトとは、約4億年前に現れた生き物で、約6,500万年前の中生代白亜紀の末に恐竜たちと共に地球上から絶滅したと言われる、イカやタコに近い生き物(頭足類)です。このアンモナイト博物館ではアンモナイトをはじめ、遥か昔にこの地球上から姿を消した魚の化石や恐竜のレプリカなどを展示しています。安全のために防護メガネをかけ、工具を使って石を削っていきます。体験をしながら、アンモナイトのような古い時代の化石がどのような石から、どのようにして(どんな道具を使って)どのように掘り出されるのか(石の中からでてくるのか)を学ぶことができます。実際は鉱石から取り出す為、木製ではなく金属製のタガネとハンマーを使用し、かなりの力を使っての作業となります。大人でも結構汗だくで、その上掘って100%出るとは限りません。社員総出で掘ってましたがなかなか出ない人もいればすぐ出る人もいたりと、ここは当社のイベントも近いものがあります。

 しかし発見し掘り出せた時の感動はひとしお!ここの再現性は高いなあと自負しております。ぜひ当社の化石発掘と合わせて、アンモナイト博物館の方も行ってみてはいかがでしょうか?



伊豆アンモナイト博物館 http://www.ammonite-museum.com


20回の閲覧